Webライターとは

Webライターの仕事内容とスキル要件|成功するためのポイント解説

Webライターの仕事内容とスキル要件|成功するためのポイント解説

インターネットの普及とともに、Web媒体での情報発信を行う企業が増えてきました。
例えば、ホームページやブログ・SNS・メールマガジンなど様々な種類が活用されています。

Webライターは、そんなWeb媒体で使用する文章を執筆する仕事です。

現在では、ネット上で集客〜販売を完結させる企業も増えており、Webライティングスキルを持つWebライターの需要が増加しています。

今回は、そんなWebライターの仕事内容や必要なスキルについて解説します。
Webライター業界に興味があるという方はぜひ参考にしてみてください。

また、Webライターとして成功するためのポイントについても説明しますので、将来的にWebライターを本業としたい方にも参考になるかと思います。

Webライターの仕事内容

Webライターの仕事内容

では、最初にWebライターの仕事内容についてお伝えします。

Webライターの仕事と聞くと、文章を書くというイメージが強いかもしれません。

実際にその通りではあるのですが、細かく見ていくと以下のような業務を行います。

Webライターの仕事内容
  1. キーワードリサーチと記事テーマの選定
  2. SEO対策のためのコンテンツ戦略の策定
  3. クライアントの要件と目的に基づく記事作成
  4. 良質なコンテンツの執筆と編集
  5. ターゲットオーディエンスへの配慮とコンテンツの最適化
  6. 内部リンクと外部リンクの戦略的な使用
  7. ソーシャルメディアやブログの管理と更新

では、一つずつ解説していきます。

1. キーワードリサーチと記事テーマの選定

Webライターに求められるのは、主に集客やブランディングに繋がる記事の執筆です。

そのためには『SEO対策』を行うことが重要で、SEO対策のためのキーワードリサーチや記事テーマの選定も依頼される場合があります。

Notes

SEO(検索エンジン最適化)とは?
Search Engine Optimizationの略。GoogleやYahoo!などの検索結果で上位表示を獲得するための施策のこと

具体的に行うこととしては、

  • キーワードの検索ボリュームのチェック
  • キーワードに対する読者ニーズの把握

などです。

企業によっては、キーワードの選定から依頼されるケースもあります。
その場合は、記事の方向性や訴求したい内容を確認した上で、適切なキーワードを選定するようにします。

このように、キーワードリサーチと記事テーマの選定もWebライターの業務範囲です。

2. SEO対策のためのコンテンツ戦略の策定

Webライターは、多くの場合、SEOに強い(検索上位を獲得できる)記事の執筆を求められます。

SEO対策のためのコンテンツ戦略を策定するには、キーワードをしっかりとリサーチすることが大切です。

  • キーワードに対する読者ニーズの把握
  • ライバル記事のリサーチ
  • 他記事と差別化するためのポイントの洗い出し
  • 上記を踏まえた記事構成の作成

など、該当のキーワードで実際にGoogleで検索し、上位表示されている記事をリサーチしましょう。
※上位表示されている記事:少なくとも1ページ目に表示されている記事

Webライターとして、月数万円〜10万円以上を稼ぎたいと考えている場合は、SEOの知識は必要不可欠です。

3. クライアントの要件と目的に基づく記事作成

Webライターには、クライアントの要件と目的に基づいた記事を執筆することが求められます。

例えば、

  • 「〇〇(キーワード)」で上位表示を獲得したい
  • 資料請求や問い合わせに繋げたい
  • サービスや商品の魅力を訴求したい
  • 商品のまとめ記事からアフィリエイトに繋げたい

など、必ず一つ一つの記事にアクセスアップやコンバージョンの獲得などの目的があります。

執筆内容にミスマッチが起こらないよう、クライアントと事前にしっかりと打ち合わせを行い、記事の方向性を明確にしてから執筆することが大切です。

注意点としては、自分で勝手に判断しないことです。
分からないことがあったり、提案したいことなどがあれば、必ず連絡してその都度確認するようにしましょう。

連絡ばかりで鬱陶しがられるかもしれないと思うかもしれませんが、こまめな連絡は逆に喜ばれることの方が多いです。

4. 良質なコンテンツの執筆と編集

Webライターに求められるのは、魅力的で読みやすく、読者の知りたい情報が詰まった良質なコンテンツの作成です。

良質なコンテンツの要素としては、

  • ターゲットが明確
  • 顕在ニーズと潜在ニーズの両方が網羅されている
  • 表や画像で読者の読みやすさに配慮されている
  • 見出しを使い読みやすい構成になっている
  • 適度な改行を行っている
  • 独自性がある

などが挙げられます。

記事を執筆する際に注意したいことは、ただ文字や情報が羅列しただけの文章にならないことです。

適切な情報を伝えた上で、読者が「読んで良かったなぁ」「自分も〇〇してみよう!」など、感情が動いたり行動を起こしたりできる文章を作ることを意識しましょう。

5. ターゲットオーディエンスへの配慮とコンテンツの最適化

ターゲットオーディエンスを明確にし、ターゲットに設定した読者に向けたコンテンツを作ること大切です。

ターゲットオーディエンスは、記事においては、コンテンツの配信先に指定される特定の人物を指します。

コンテンツを最適化するためには、

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 年収
  • 趣味
  • 独身or既婚

など、想定される読者像を具体化することが必要です。

想定読者を具体化したら、想定読者が「〇〇(キーワード)」と検索した際に、どのような情報を求めるのかを考えながらコンテンツを作っていきましょう

ポイントとしては、想定読者を一人に絞ることです。
複数の人に情報を届けようとすると、様々な情報を入れ込まなければならず、まとまりのない文章になってしまいますので注意してください。

6. 内部リンクと外部リンクの戦略的な使用

内部リンクと外部リンクを活用することは、読者の利便性を高めるだけでなく、SEOにおいても効果的です。

ちなみに、内部リンクと外部リンクの意味と役割は以下の通りです。

意味役割
内部リンク同じサイト内の関連ページへ誘導するリンク(内部→内部)・ユーザーの利便性を高める

・回遊率を上げることでSEO評価を高める

外部リンク
(被リンク)
他サイトに掲載されている自サイトのリンク(外部→内部)・記事の信頼性や人気度を証明しSEO評価を高める

・コンテンツが広く認知され、アクセスアップに繋がる

(※横にスクロールできます)

内部リンクと外部リンクを戦略的に活用することで、ユーザーの利便性とSEO評価を高められます。

例えば、内部リンクの場合は、主に記事内に関連記事のURLを設置することです。

外部リンクの場合は、自サイトまたは記事をSNSでシェアしたり、記事上や記事下にSNSのシェアボタンを設置することで獲得できる可能性が高まります。

7. ソーシャルメディアやブログの管理と更新

Webライターは、記事の執筆を行う仕事がメインではありますが、クライアントによってはSNSやブログの運営を任されるケースもあります

そのため、SNSでフォロワー数の多いアカウントを運営していたり、ご自身のブログを運営したりしていると仕事を依頼を受けやすくなります。

特にブログはポートフォリオとしても役立ち、仕事を獲得しやすくなるのでおすすめです。

現在では、多くの企業で『WordPress』と呼ばれるソフトウェアを使用してホームーページを運営しています。
そのため、ご自身でもWordPressを使用してWebサイトを運営し、管理や更新の方法を学んでおくと良いでしょう。

Webライターの仕事の種類

Webライターの仕事の種類

続いて、Webライターの仕事の種類について解説します。

Webライターは、ホームページの記事を書く仕事だけでなく、様々な働き方があります。

Webライターの仕事の種類
  • 記事作成/ブログ記事
  • HP掲載コンテンツ作成
  • ECサイト商品説明文執筆
  • DM/メルマガ
  • シナリオ作成/脚本制作/小説作成
  • インタビュー/取材
  • セールスレター
  • 資料作成/レポート作成
  • マニュアル作成

主にこのような仕事の種類があります。

それぞれの種類で、文章の書き方や仕事の進め方が異なりますので、最初のうちは様々な仕事を経験し自分に合った働き方を見つけると良いでしょう。

Webライターに必要なスキルと経験

Webライターに必要なスキルと経験

では、Webライターに必要なスキルや経験についてお伝えします。

必要なスキル・経験としては以下のことが挙げられます。

Webライターに必要なスキルと経験
  1. 優れた文章表現力とコミュニケーション能力
  2. SEOの基礎知識とキーワードリサーチのスキル
  3. クライアントの要求に合わせた柔軟な文章スタイルの変更能力
  4. 情報収集とリサーチの能力
  5. タイムマネジメントとデッドラインの厳守
  6. プロジェクト管理と自己管理のスキル
  7. コンテンツマネジメントシステム(CMS)の理解と経験

では、一つずつ見ていきましょう!

1. 優れた文章表現力とコミュニケーション能力

Webライターは、在宅で黙々と記事を書いているイメージが強いかと思います。

しかし、クライアントとのやりとりが多いのも事実です。

  • 記事の依頼を受ける
  • 記事の方向性のすり合わせを行う
  • 疑問点などを質問する

など、一つの記事を執筆するにあたって必ずクライアントとのやりとりが発生します。

もしかすると、Webライターは、ライティングスキルさえあれば仕事を獲得できると思われているかもしれません。
しかし、実際は、ライティングスキルと同じぐらいにコミュニケーション能力が高い人が好まれます

このことについては、ご自身が仕事を依頼する側の視点になって考えてみると分かりやすいのではないでしょうか。

また、文章表現力も重要です。

クライアントとのやり取りは、主に、チャットワークやSlackなどを使います。

文章は相手の表情が見えませんし、言葉のニュアンスなども伝わりにくいというデメリットがあります。
そのため、自分の伝えたいことを簡潔にまとめられる文章力を身に付けておくようにしましょう。

2. SEOの基礎知識とキーワードリサーチのスキル

Webライターは、SEO(検索エンジン最適化) *に対する知識を求められることがとても多いです。

Notes

SEO(検索エンジン最適化)とは?
Search Engine Optimizationの略。GoogleやYahoo!などの検索結果で上位表示を獲得するための施策のこと

仕事の応募条件としてもよく提示されています。

また、そんなSEOを攻略するために欠かせないのがキーワードリサーチ力です。

クライアントから提示されたキーワードをリサーチし、適切なコンテンツを作れるスキルが求められます。

Webライターになるためには、ライティングスキルと併せて、SEOについての知識も深めておきましょう。

3. クライアントの要求に合わせた柔軟な文章スタイルの変更能力

柔軟に文章を書き分けられるスキルも大切です。

  • フォーマルorフランク
  • 「です・ます調」or「である調」
  • 記事のタイプ(コラム記事、ニュース記事、まとめ記事...etc)

など、執筆する記事によって種類が様々です。

例えば、BtoBのホームページの場合は、フォーマルな言葉遣いが求められます。
一方で、BtoCのホームページの場合は、フランクな言葉遣いが求められる傾向にあります。
その他、ニュース記事では「である調」での執筆が求められたりします。

このように、クライアントによって求める文章スタイルが異なるため、どのような文章でも対応できるように準備しておきましょう。

4. 情報収集とリサーチの能力

記事を執筆するためには、正しく情報収集し、収集した情報を元に的確にリサーチできる能力が求められます。

ネット上には無数の情報が公開されており、中には事実に即さないものもあります。
そのため、まずは正しい情報を見分けられる力が必要です。

そして、正しい情報を元に的確なリサーチを行い、記事のテーマに対する理解を深める力も必要です。

特にWebライターは、自分が詳しくない分野について執筆する機会も多くあります。
当然ながら、そのような場合は、しっかりと理解を深めた上で記事を書かなければなりません。

決められた納期の中で、コンテンツの理解を深めるところから執筆までを完了させる。
これを遂行するためには、正しい情報収集能力と高いリサーチ能力が必要不可欠です。

5. タイムマネジメントとデッドラインの厳守

記事には納期があり必ず守らなければなりません。

そのため、タイムマネジメントをしっかり行い、余裕を持って納品できるようにすることが大切です。

おすすめの方法は、執筆にかかる業務を細分化し、納期から逆算してスケージューリングすることです。

例えば、

  1. リサーチ〜記事構成作成
  2. クライアントへ構成提出〜フィードバック
  3. フィードバックの確認〜修正〜再提出
  4. 執筆〜修正・最終チェック
  5. クライアント側の確認〜フィードバック
  6. 修正〜再提出

といった執筆完了までの流れを細分化し、それぞれどの程度の時間を要するのかを把握しておきます。

このようにタイムマネジメントを行うことで、執筆を開始する時期が明確になり、進捗も把握できるため納期に遅れることを防げます。

6. 自己管理のスキル

記事を書く際には、自己管理も大切です。

特に、在宅で仕事をすると、会社で勤務する場合とは環境が全く異なります。
時間に縛られず比較的自由に働けるため、生活リズムが崩れたりモチベーションが続かなかったりといった状況に陥ることは珍しくありません。

そのため、

  • 自分自身で働く時間を決める
  • 適度に休憩を取る
  • 趣味を取り入れて仕事のモチベーションを上げる

など、自己管理を行えるスキルが大切です。

もし、自己管理が苦手だという方は、継続することが難しいかもしれません。
一方で、自己管理をすることが得意だという方は、ストレスが少なくやりがいを持って働けるでしょう。

時間に縛られず自由に働ける職業だからこそ、自己管理スキルの高さが求められます

7. コンテンツマネジメントシステム(CMS)の理解と経験

コンテンツマネジメントシステム(CMS)とは、Webサイト用のテキストや画像を管理・配信できるシステムのことです。

簡単に言うと、Webサイトの制作や記事の更新などが簡単に行えるツールです。

2023年現在では、多くのWebサイトで『WordPress(ワードプレス)』と呼ばれるCMSが使われています。

Webライターとしても、特に関わることの多いツールの一つです。

クライアントによっては、「記事を直接WordPressへ入稿してほしい」と依頼される場合もあるため、WordPressの使い方は覚えておくほうが良いでしょう。

Webライターとして成功するためのポイント

Webライターとして成功するためのポイント

Webライターの仕事をするなら、継続的に収益を上げて、満足のいく報酬を得たいとお考えかと思います。

ここでは、そんな方のために「Webライターとして成功するためのポイント」について解説します。

以下のポイントについて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

Webライターとして成功するためのポイント
  1. 常に最新のトレンドや技術動向にアンテナを張る
  2. ポートフォリオの作成と自己ブランディングの重要性
  3. クライアントとのコミュニケーションを密にし、要件を明確にする
  4. フィードバックを受け入れ、成長と改善に取り組む
  5. 継続的な学習とスキルアップの意欲を持つ

1. 常に最新のトレンドや技術動向にアンテナを張る

常に新しい情報にアンテナを張り、自分自身に取り入れていくことは、継続的に依頼を受けるために必要なことだと言えます。

例えば、2023年に入ってからは、ChatGPTが話題に上がるようになりました。

そして、コンテンツ制作の効率性を高めるためにChatGPTを導入する企業が増加しています。

そこでWebライターに求める要件として、ChatGPTが使えることが挙げられるようにもなりました。

このようにトレンドや技術の進歩によって、Webライターに求められる条件も変わってきます。
そのため、Webライターとして依頼を受け続けたいなら、最新のトレンドや技術動向を常にチェックしておき時代の流れに対応していくことが必要でしょう。

2. ポートフォリオの作成と自己ブランディングの重要性

ポートフォリオと自己ブランディングは、案件を受注するために重要となる要素です。

Webライターの求人に応募すると、必ずと言っていいほど、

  • 自己PR
  • 応募理由
  • ポートフォリオ

の提出が求められます。

もし担当者が興味を抱くような自己PRやポートフォリオが提出できなければ、仕事の依頼を受けることは難しいでしょう。

Webライターとして成功したい場合は、ライティングスキルだけでなく、自分を売り込む力を磨くことも大切です。

3. クライアントとのコミュニケーションを密にし、要件を明確にする

クライアントの求める成果物を納品することが、継続的な受注に繋がります。

そのためには、クライアントと密にやり取りを行い、クライアントが求めていることを把握することが大切です。

特にやってしまいがちなのが、

【良くない行動】

  • 疑問点があっても質問しない
  • 自分の判断で執筆を進めてしまう
  • 頻繁に質問すると失礼だと思ってしまう

などです。

しかし、Webライターとして重宝されるのは、上記の内容とは真逆の行動を取れる方です。

【良い行動】

  • 疑問点があれば必ず質問して解消する
  • 迷ったことがあれば執筆を中断して確認する
  • ちょっとしたことでも質問する

「質問ばかりで鬱陶しがられるのでは?」と思われるかもしれませんが、自分の判断で執筆を進めてクライアントの要件とは異なる記事を納品してしまう方が問題です。

クライアントも自分自身も余分な時間と手間が発生する結果になりますので、少しでも分からないことがあればクライアントに確認を取るようにしましょう。

4. フィードバックを受け入れ、成長と改善に取り組む

記事を納品すると、フィードバックを受けることがよくあります。

「〇〇の部分が分かりにくいので、文章を変更してください!」
「△△の情報も追記してください!」

など修正するように求められます。

このフィードバックは、受け取る側からするとあまり気持ちの良いものではありません。

中には、フィードバックに苛立ちを覚えてしまう方もいるでしょう。

しかし、より良い記事を作れるようになるためには、フィードバックの工程がとても重要なのです。

なぜなら、記事を執筆した側としては、第三者の意見を聞ける貴重な機会だからです。

自分では分からない欠点を認識でき、記事の質を高められる絶好の機会となります。
そして、よりクライアントが満足する記事を書けるようになれば、記事単価アップも期待できます。

もし、Webライターとして成功したいなら、フィードバックを成長の機会と捉えて取り組むことをおすすめします。

5. 継続的な学習とスキルアップの意欲を持つ

当然ではありますが、スキルが低い状態では単価の低い案件しか受注できません。

一般的に、指示に従って定型の文章を入力するような仕事は単価が低く、コンテンツの企画から依頼されるような仕事や専門知識が必要となる仕事は単価が高くなります。

もしWebライターとして数万円〜10万円以上稼ぎたいと考えるのであれば、Webライティングを勉強したり、専門性を高めたり、資格を取得するなどスキルアップすることが必要です。

例えば、Webライターの仕事をしていく中で、ディレクターや編集の仕事などを任されるようになれば報酬アップが見込めます。
その他にも、書ける記事の分野を増やすことでも、高単価の案件を受注できるチャンスが生まれます。

現在では、ライティングスキルやSEOに関する本や、オンライン講座など勉強できる機会がたくさんあります。
独学でも問題ありませんが、すでに実績のある人から教えてもらうことで成長するまで期間を短縮することが可能です。

Webライターはどんな人が向いてる?

Webライターはどんな人が向いてる?

ここまでWebライターの仕事内容や必要なスキル、成功するためのポイントについて解説しました。

「自分はWebライターに向いてるのかなぁ?」
「実際どんな人が向いてるの?」

と、ここまで読んで疑問に思われているかもしれません。

一概には言えませんが、Webライターには以下のような方が向いていると言えるでしょう。

Webライターに向いてる人
  • 文章を書くのが好きな人
  • 一人で黙々と作業するのが好きな人
  • 継続力のある人
  • 責任を持って仕事をやり遂げられる人
  • 自分から仕事を取っていける人
  • 修正依頼に快く応じられる人

もっと詳しく知りたい方は、以下の記事で確認いただけます。
「Webライターに向いてない人」についても解説していますので、ご自身がどちらに当てはまっているのか確認して見てください。

Webライターに向いてる人向いてない人の特徴!必要な知識やスキルもご紹介

Webライターになる方法

Webライターになる方法

Webライターと聞くと、多くの人はフリーランスや個人事業主を想像するかと思います。

しかし実は、Webライターとして活躍する方法は、フリーランス・個人事業主という形態だけではありません。

基本的に以下の2通りの方法があります。

Webライターとして働く方法
  1. フリーランス・個人事業主として働く
  2. 正社員・派遣社員など企業に所属して勤務する

副業として始めたい方は、フリーランスや個人事業主としての働き方になるかと思います。
一方で、転職を考えている場合は、企業に勤める方法もあります。

もし安定的な収入を求めるなら、求人サイトから転職活動を行い、企業に所属する方が安心です。

まとめ

この記事では、Webライターの仕事内容をはじめとして、必要なスキル経験成功するためのポイントについて解説しました。

Webライターは、文章を執筆するイメージが強いかと思います。

しかし、一つの文章を作成するにあたって、SEO対策やコンテンツ戦略・ターゲティングなど、あらゆること作業が発生します。

Webライターで稼ぐには、ただ決められた文章を書くのではなく、自らコンテンツを制作できる知識やスキルを身につけておくことが大切です。

Webライター業界に興味があるという方は、ぜひこちらの記事で仕事内容や必要なスキル・経験、成功するためのポイントについて確認しておきましょう!

 

もし、今すぐWebライターを始めたいという方は、Indeed(インディード)engage(エンゲージ)などの求人サイトや、Lancers(ランサーズ)CrowdWorks(クラウドワークス)などのクラウドソーシングサイトへ登録するのがおすすめです。

募集案件の中には未経験OKや初心者歓迎の仕事がありますので、そのような案件を探してみてください。

 

【関連記事】Webライターに向いてる人向いてない人の特徴!必要な知識やスキルもご紹介
【関連記事】Webライターを始める参考に!メリット・デメリットや魅力を解説
【関連記事】Webライターって稼げるの?儲からない理由と稼ぐコツを本音で解説!

-Webライターとは
-, , ,